スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み(3)

今日は7/31~。
そうです、バイト最終日でしたよーーーっ!!!


やってきました月末。どんなにこの日を待ち望んできた事か、、、
その期間二年と一カ月。高校の生活と共に始まり、将来の希望に向けて終わっていきました。
ありきたりですけど長かったような、短かったような二年間でしたね。
まさか人見知りだった自分が接客をやるなんて、高校に入学した当初は思いもしなかったでしょうね。
全く……とりあえず自分にお疲れ様を言いたいです。

お疲れ様でした!(パチパチ


はい、ってことで本日は三矢で乾杯しております。
特に御馳走を用意するでもなく、炭酸の抜けかけた三矢をちびちび飲んでますよ。
それでも十分なんですよね、達成感で満足しておりますよ。

ただ続けていくだけでも大変でした、色々あったな。

昔はかご一杯に商品入れた人たちが列をなし、入ったばかりの自分はあたふたしながら商品ピッピしていき、
えーい、邪魔だっ、と言わんばかりにレジを追い出されたこともあったり……
それが今は、、、五分に数人来るか来ないか、合計金額千円超えるか超えないかですよ。

それと店の主力メンバーだった三人がいたんですけど、不況の景況を受けてどこかに飛ばされ、
自給で金の掛からない自分は残され、
三人が抜けたその負担がこっちに来て挙句の果てにはバイトが週七になっていき、
大変だったんですよ。

でも面白い事もありましたね、
バイトが週七になっていった頃でした。
ふと思ったんですよ、自分が今この店やめたらどうなるんだろう?って
ハッキリ言うと店が回らなくなります。経営が困難になります。
なのに自給800円って何?割に合わなくね?となっていき考えたのが、
自給を上げよう大作戦。
自分が店やめたらお店大変だよ?と遠回しに思わせ自給を上げようという作戦です。
でも問題なのは、
「分かった、別の人雇うよ」
と言われると終わっちゃうんですけど、ぶっちゃけ
あの店人気ないんですよ、バイト雇おうと思っても誰も来ないんです。
それで上記の事を計算に入れた上で日ごろのうっぷん込めてお偉いさんに言ってやったんですよ。

「バイト慣れてきたんでもっと自給の高い所に移ります」

ちなみに例で上げたのがマックの自給1050円……
ないな、こんなのあり得んよ、やりすぎた感がある。
自給もあるけど、間違ってもマックなんかで働きませんっ
スマイル0円? 何それ食えんの?
人見知りがマックでバイトはありえません、

で、結果どうなったかと
「自給50円上げるから留まってくれない?」でした。
目的はクリアされました。自給は上がったんですけど、欲が出ましたね、
「100円になりませんか?」
はい、で100円上がりました。
足元見た畜生行動だったんですけど、それだけきつかったんで勘弁してもらえると。
バイトが雇い主に反抗するという貴重な体験をさせて頂きました。
なかなか無いんじゃないのかな、と思ってるのですがどうでしょうか?
でも一番面白かったのが
マックで働いている友人が「頑張って自給上げて850円になったんすよ~」に対して
「はあ、低くない?俺この間100円上がって900円になったよ」
と返して優越感に浸ったことがありました。

マックにはお世話になりました!

マックの自給が数十円上がった事の報告を、
マックのおかげで100円上がったと返した時は大爆笑です。


さてさて、お店に対しては申し訳ないこともしてきましたが感謝の気持ちは変わりません。
今思うと軽い対人恐怖症だった自分を、
バイト入って半年間「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と、
お客さんに対して言わなかったのにも関わらず
何も注意をせず温かい目で見守っていてくれたお偉いさん、そして先輩達……
本当にお世話になりました、です。
お偉いさんには「お世話になりました」と言えたのですが
できたら主力メンバーであり、仕事を教えてくれた三人の飛ばされた先輩達にも
「お世話になりました」と伝えたいです。
まあ社会に出たらどこかで働いている先輩達にも会えるでしょう。
「お世話になりました、今も頑張っています」と言える日を目指して頑張っていきたいと思います。
少し遅めですが会社見学が控えています。
きっちりこなして就職活動成功させるぞ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。