スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスレス

何か書こうと思うのだけれど仕事しかしていないので
特にないのですが何か書こうと思うので
先週に引き続きストレスについて、自分の今の心境でも書きます。

恐らく自分が一番ストレスを感じていた時期は中学3年の後半から
高校1年の前半までの約1年でしょう。

この期間何があったかのか…
そう、自分の部屋がほしくて死にそうになっていた時期です。

プライバシーの限界でした。
いつまでたっても三段ベットの1番上では我慢の限界もいいところ。
自分の場所が1畳じゃ閉鎖的にもなりますよ。

結果から言うと6畳半の部屋が与えられたのでこの時期は終わりを迎えます。

快適な空間が与えられた後の問題は
ほぼ全て学校にありました。

何って友人関係ですよ。

過去にも散々書いてきましたけど
ストレスの量は部屋が無かった時と同量
もしかしたらそれ以上だったかもしれません。

いい出会いも沢山あったけど
何でその分悪い出会いもあったのかは謎です。
きちんと等価交換が成立してたんですから驚きです。
そこまでキッチリかっちりしますかと神様に言いたい。

ホントに屑しかいなかったり屑しかいなかったり
基地外しかいなかったり。

相当上から目線の意見ですがそんな奴ばっかよりによって近くに集まる始末…

てか一人の濃度が高すぎると思うのですよ。
変な話になって行きますが
良い友人を5人作るために悪い友達が5人必要だったとします。
人数は多いですが一人一人の悪さ?は少なく、
程良く分散されているためそこまでではありません。
集まると厄介ですが、いつも5人で行動している訳でもないので
そこまででも無かったとします。

しかし悪い友達5人に匹敵する一人が現れた場合、状況は一変。

一人の人間が分散する訳もなく
厄介なものが常に異常なパワーを放出しているのです。

面倒臭いったらありゃしない、
学校におけるストレス、
通学、勉強、テストと様々ありますが
友人関係に重点がいきすぎていたと思います。

他の面のストレスまで友人関係が引き受けていた感じ。

話は変わって、
こんな事から高校生に戻りたいって聞かれたら絶対に戻りたくないと答えます。

悲しい事を言っていますが自分の中であいつらはそこまでの存在でした。

こんな事現実で言うと
「お前あいつらの事ホントに大好きだな」
何て茶化されるので言えません。

この類の茶化しは、される度あいつらが思い出されるので
相当なものです。

楽しいはずの高校生活、
社会人の生活なんかより何倍も楽しい、戻りたい!
って意見が大多数でしょう。

そんな中でも自分を少数派に留めさせているあいつらなのです。

そんな高校生活の日々も終わって社会人の生活は快適そのもの。
会社に変な人がいるかいないかに賭けていましたが
今の所そこまでではなく、みなさん外見と違いとても優しく問題無し。

仕事は集中できて時間が経つのが早くて楽しいし、
自転車通勤は常に風を感じられて爽やかな感じだし、
人間関係に問題はないし、
高校生活よりもずっといい。
ストレスを感じにくい体質とか言ってたけど
今感じているストレスが取るに堪えないレベルだから
そう言っているだけ。


無視してればいいとか、
考えないようにすればいいとか、
そんなの実際にそういう奴との関わりが無い奴のどうしようもない意見。
価値は無いです。
所詮他人事。
関わってたらそんな事言わない。

こんな愚痴言ってると結局最後に
「あいつらの事大好きだな」
と返ってくるのが現実の落ち。

あいつらの事が出てこない毎日が楽しい。
言っては悪いけど茶化してくる友人たちが近くにいない。
孤独にはなって行くけどドンドン楽になって行く。
人間友人を作ると強度が下がる。

孤独ってカッコいい状態なのでしょう今の自分は。
酔っているのでしょう。
それでも茶化されない今が楽しいのです。

一人って楽なのですね、この頃よく思います。
中二病満載で今日の所はここまで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。