スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囮物語

本を読む集中力が高校3年の後半からなくなっていたのですが、
会社での昼休み、飯を食ってからのフリーな40分間。
毎日読書をする事で数時間にわたって本を読み続ける集中力が回復してきました。
読書いいよ読書。本をもっと読みましょう。
ラノベでもいいけど推理小説とかもお勧めですよ。書店でジャケ買いも一興です。

そんなリハビリの結果、囮物語は一気に読んじゃいました。
6時間くらい掛かりました。読むの遅いな。
3ヶ月のペースで良くあんなに書けますねと今回も思ってしまいました。
キャラが勝手に動きだしてる状態なのでしょうね、
感服いたします。

ネタばれ嫌いな人はここから読まないで下さい、責任は取りません。

まず読み終わって思ったことは、段々と物語が壊れていく感じでした。
綺麗な形で終わらせるつもりはない感じが伝わってきます。
今回の展開は何となく読めていたんですが、ネタで言ってただけに驚きました。
それに予想以上だったし!
神にはなっちゃうし、花ではあまり動かなかった物語が今回つけを利子付けて返すぐらい動いてました。
どんな落ちになるんだろうか、そしてひたぎエンドってそっちの意味のエンド?
ひたぎさん終わっちゃうんでしょうか?
あとがきではサードシーズンがうんたらとか言ってるし
終わらせる気はないのかね?終わらないなら終わらないで嬉しいのですが有終の美って奴も
ある事ですし落ち着いてほいい一面も。
まあもう取り返しのつかない事になっちゃってますから遅いですが。

何にせよ波乱を呼ぶ1冊でしたね。撫子ファンにとってはとんでもない1冊です。

ラスボスには適当でしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。